東京で通信制高校に通うメリットは

欲があれば学年制よりも効率的に勉強を行うことが可能

そのため高い意識をもって勉強に取り組まなければ、何年も在学することになる可能性があるので注意が必要です。
一方で通信制高校の場合には多くの高校で単位制が採用されており、意欲があれば学年制よりも効率的に勉強を行うことが可能です。
学年制の場合には一定の成績と出席日数を修めることで進級することができますが、一つでも単位を落としてしまうと留年してしまいます。
そして再度その学年の単位を取り直さなければいけないため、落としていない科目も一から授業を受けなければいけません。
そして朝から夕方まで時間割が決められているので、自由になる時間は少なく校則も厳しかったりします。
一方で通信制高校が採用している単位制とは、大学と同じように卒業までに修得する必要単位が決まっています。
在学している間に74単位以上修得し、3年以上の在籍そして30単位時間以上の特別活動を行うことで卒業することが可能です。
通信制の単位制というのは1年目で修得できなかった単位があっても、翌年取りなおすことができ学年制のように留年するということがありません。
意欲さえあれば3年経たずに必要な単位数を修得することも可能であり、それによって余裕ができた時間を他のことにまわすことができます。
大学に進学したいのであれば勉強の時間にまわすこともできますし、資格を取りたいのであればそれに対する勉強を行うことができます。
スクーリングやレポート提出そして試験などがありますが、それ以外の時間は生徒の自由に活用することが可能です。

自学自習が多くなるので、目標を決めて進めていく必要がある : 欲があれば学年制よりも効率的に勉強を行うことが可能 : 私立であれば様々な工夫がこらさえている