東京で通信制高校に通うメリットは

自学自習が多くなるので、目標を決めて進めていく必要がある

自学自習が多くなるので、目標を決めて進めていく必要がある : 欲があれば学年制よりも効率的に勉強を行うことが可能 : 私立であれば様々な工夫がこらさえている

勉強を行う方法には様々な手段があり、それは高校に通うことも同様です。
全日制に行くのか定時制に行くのかなど色々ですが、通信制高校に通うという選択肢もあります。
全日制や定時制は時間帯は違いますが、毎日登校しなければいけません。
定時制の場合は働きながら通っている人も少なからずいますが、仕事が終わらなかったり疲れがたまってしまい途中でリタイアしてしまう人もいます。
定時制の高校は公立であれば大体が夕方の五時半くらいから授業が始まるため、仕事を終わってから向かうとなると時間がぎりぎりです。
東京の場合には電車などでの移動が多くなるため、場所によっては間に合わないということもあります。
しかし目的があって高校に通うわけなので、きちんと卒業したいものです。
そのように働きながら高校に通いたい場合に、選択肢に入れたいものが通信制高校です。
東京で定時制の高校に通うとなると仕事終わりに混雑している電車などを利用するため、毎日疲労がたまって大変なものになります。
その点通信制であれば基本的には自宅で学ぶため、毎日通学する必要はなくある程度時間に余裕をもって生活をすることができます。
しかし月に2回から10回くらいのスクーリングがあり、レポートの提出もあるので遊んでばかりでもいられないのも事実です。
基本的に自学自習が多くなるので、勉強時間も自分で確保して目標を決めて進めていく必要があります。

私も通信制高校だし休息中みたいなとこあるから朝から晩までやばいよ…www
やった!私もうれぴぃ!!適度なTwitter依存ライフᕕ( ᐛ )ᕗ!!

— ゆら🍼 (@yura_nemu) 2018年11月23日